Home >> 活動内容
活動内容
 世界保健機関(WHO)の統計によると、下痢症による世界の年間死亡者数は約180万人に達し、その大半は開発途上国における5歳未満の乳幼児です。
 岡山大学インド感染症共同研究センターがあるインド国は、とりわけ下痢症の多い国の一つです。
 ところで、インド国は目覚ましい発展が注目されている新興国ですが、先進国のような下痢原因微生物に関する検査体制が確立されていません。また下痢症の疫学調査が十分には行われておらず、下痢原因微生物に関する正確な情報収集は困難な状況です。
 
 当センターでは、コルカタ市にあるインド国立コレラ及び腸管感染症研究所(NICED)と協同して、下痢症を制御するための様々な研究を行っています。
 感染症研究国際展開戦略プログラムの事業『インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究』では、以下の研究を実施します。
  • *下痢症の積極的動向調査
    • 当センターでは、25種類の下痢原因微生物を対象とした検査体制を確立しましたが、本事業では対象微生物を37種類に拡大した検査法を開発し、臨床への応用を目指します。
      また、コルカタ市に加えて、インドの他の都市でも動向調査を開始します。

  • *安価な経口ワクチンの開発
    • 安価な多価赤痢ワクチンの実用化を目指し、実験動物モデルで感染症制御効果を確認してきました。本事業では臨床研究を実施し、ヒトへの実用化を目指します。
      加えて、創薬シーズ(下痢症予防薬)としての免疫増強性抗菌ペプチドアナログを発掘します。

  • *コレラ菌の環境適応に関する研究
    • 当センターでは、通常の培養で増殖できないVBNC(Viable But Non Culturable)コレラ菌のVBNC化の機構解明を進めています。本事業では、VBNC化の機構をさらに解明し、その成果をVBNC菌の特異的検出へ応用します。
      またコレラ菌の環境適応や、病原性における代謝経路の関与に関する研究も実施します。

  • *下痢症の原因微生物等の変異、病原性、薬剤耐性に関する研究
    • 新型コレラ菌の遺伝子変異に関する研究、インドにおいて下痢症患者から高頻度で単離されるロタウイルスやジアルジア原虫の増殖機構、世界中で問題となっている薬剤耐性菌、特に新生児敗血症原因菌の薬剤耐性遺伝子に関する研究を行います。
 これらの研究を通して、インド国における下痢症感染症の発生を制御し、インド国の人々のみならず、インドへ進出した日本の企業人や観光で訪れた日本人の健康を守ることを目指します。


▲ページトップへ戻る
Collaborative Research Center of OKAYAMA University for Infectious Diseases in India
Address: 57 Dr. S.C.Banerjee Road, Beliaghata Kolkata 700010 National Institute of Cholera and Enteric Diseases JICA Building ID Hospital Campus
E-mail: indojimusyo@gmail.com