Home >> トピックス
トピックス
2013/9/13〜21
富山大学の学生が「2013年夏期フィールド実習:インド・コルカタ市での下痢症対策に関するフィールド調査」に参加しました




当センターは、日本国際保健医療学会・学生部会(Japan Association for International Health - Student Section:以下、「jaih-s〈ジャイフエス〉」とする)の「学生フィールドマッチング」に2013年より参画しています。
この「jaih-s〈ジャイフエス〉」とは、国際保健に関心を持つ様々な分野の学生に対して、地域格差のない情報や機会の提供を行い、世界で活躍できる人材を育成することにより、日本及び国際社会に貢献することを目指している団体です。

今年度は、「2013年夏期フィールド実習: インド・コルカタ市での下痢症対策に関するフィールド調査」を公募の上、2013年9月13日〜21日にかけて実施、富山大学医学部医学科4年生の内藤一樹さんが参加されました。

コルカタ市内での下痢症対策に関する現状を理解して、有効な予防・制御の手段を体験するため、このフィールド調査では、当センターが設置されているNICED(インド国立コレラ及び腸管感染症研究所)付近の環境水中におけるコレラ菌の生態に関する調査を行いました。また、NICED内及び併設の感染症病院、近隣の小児病院、私立総合病院、薬局等の見学や、コルカタ市内の一般家庭の訪問を行いました。

戻る
▲ページトップへ戻る
Collaborative Research Center of OKAYAMA University for Infectious Diseases in India
Address: 57 Dr. S.C.Banerjee Road, Beliaghata Kolkata 700010 National Institute of Cholera and Enteric Diseases JICA Building ID Hospital Campus
E-mail: indojimusyo@gmail.com